プレゼント姉妹サイトの燃費一番では、毎月プレゼント企画実施しています。
毎月、当選確率が高いので、ぜひ応募してください。

燃費一番の中でも人気の高い燃費向上グッズ情報新着情報【新着!燃費向上グッズ情報】でいち早く公開しています。
NEW 愛車に燃費向上グッズ - 車種やメーカー別に燃費向上グッズのインプレッションを分類して公開!



燃費向上グッズ大賞受賞製品のキャンペーンは、大変ご好評頂きありがとうございました。
燃費向上グッズのキャンペーンは、燃費一番からのメルマガが届いている方のみの限定となりますので、ぜひともこの機会に燃費一番のメルマガ登録を行ってください。

2018年05月17日

ジャイロ・ティカJr.

商品名:ジャイロ・ティカJr.

メーカー:GTKファクトリー

購入方法:燃費一番プレゼント

愛車情報:1998年式 トヨタ アルテッツァ SXE10 RS200 6MT

燃費向上率:平均10.89km/Lが12.23km/Lに向上。約12%燃費が向上。(市街地走行)

満足度:100点

使用感等:これがこの車初めての燃費向上グッズの装着になります。

装着してまず感じた事は、アクセルのツキが良くなったのと、僅かながらの低速トルクアップ。

そしてアイドリング時の音が静かになった事です。

一度ストールさせてしまったかと思い、危うくキーを回してしまうところでした。

それほど自分の車では変化がありました。

自分の車の仕様は吸気が毒キノコでエキマニ触媒ノーマル、マフラーがapexiのN1 evolution MUFFLERという仕様でございます。

当然下のトルクがスカスカで信号発進は何かとストレスがあるのですが、これを付けてからはそれが軽減。

どんなフィーリングかといえば、アルテッツァ整備でお馴染みのECUリセット直後の一時的な2〜3000rpm辺りのトルクアップ感が近いのかなと思います!

あのトルクで発進やシフトアップが楽にショックを出さずに出来るあの感じ、それがずっと続く感じです。

更に感じた事はエンジンが様々な抵抗が減った様なスムーズな、そして軽く回る様な感じがする事です。。

数日走行すると慣れや、その他の要因で若干トルクの出が落ち着いた感も無くはないですが、相変わらず燃費は良い状態をキープしてるので効果は継続してる様です。

また装着前は焦げ臭かった排気ガスの臭いが燃焼状態が良くなったのか、揮発性の臭いや無臭に近づく方向の臭いに変化していってます。

上記の様に太ったトルクや抵抗軽減を利用してスロットル開度を減らす運転をすれば、今までと同じ様なペースで走行しても燃費の向上が見込めるというものです。

逆にそれを利用してスポーツ走行をすると、思わず笑みが溢れますよ!

燃費を取るか楽しさを取るか、ドライバーの気分次第といったところです。

ちなみに愛車の最高燃費が一度に300kmちょっとを走った時の15.48km/L(主に高速道路や郊外走行)ですが、装着後に出た最初の燃費が140kmちょっと走って13.69km/L(市街地6割)でした。

しかも乾燥路面とはいえ、スタッドレスでの走行で出た数値なのでちょっとビックリ。

特別遅く走る訳では無い、減速時燃料カットやリフトアンドコースト等の周りの流れを乱すことの無い日常で出来る燃費走行での結果です。いづれも満タン給油法。

ただ燃費を計るなら出来るだけ同条件に、すべしなのであくまで参考程度というのをご了承下さい。

ちなみに試しにこのパーツを外してみると、あっという間に上記全ての効果は無くなったので、間違いなく効果はあると思います!

以上から商品の性質を理解して装着した私からみると、コストパフォーマンス含めて100点満点のグッズでした!

posted by スーパーてつ at 05:00 | ■ 燃費向上 - オイル