プレゼント姉妹サイトの燃費一番では、毎月プレゼント企画実施しています。
毎月、当選確率が高いので、ぜひ応募してください。

燃費一番の中でも人気の高い燃費向上グッズ情報新着情報【新着!燃費向上グッズ情報】でいち早く公開しています。
NEW 愛車に燃費向上グッズ - 車種やメーカー別に燃費向上グッズのインプレッションを分類して公開!



燃費向上グッズ大賞受賞製品のキャンペーンは、大変ご好評頂きありがとうございました。
燃費向上グッズのキャンペーンは、燃費一番からのメルマガが届いている方のみの限定となりますので、ぜひともこの機会に燃費一番のメルマガ登録を行ってください。

2018年03月26日

ピークリップSP

商品名:ピークリップSP

メーカー:GTKファクトリー

購入方法:インターネット通信販売で購入

愛車情報:2015年式 スズキ ワゴンR FX 660cc NA CVT 前輪駆動

燃費向上率:燃費は実質変化なし

満足度:60点

使用感等:元々クーラーの効きを改善するために購入しエアコンホースに施工していたものなのですが、冬場にクーラーは使わないので現在何も施工されていない燃料ホースに移動してみました。

中身はGTK-IIIHSPそのものですが、パイピングに施工しやすいよう外側にベルト状のパーツが追加されています。

それなりに丸まっているのと結束バンドがついてくるので、走行中に外れる心配はなさそうですが、SPの場合中央に金のポッチが付いているので、密着度合いは少しばかり落ちます(密着していなくても効果は変わらないようですが)。

さて、結論から言いますと、以前施工したGTK-IIIやジャイロティカJrの時のような明らかな変化は感じられませんでした。

恐らくですが、それらの製品はエアクリーナーボックスやエンジンヘッドなどの燃焼・回転に影響する場所に直接施工するのに対し、ピークリップは(燃焼に関係のある燃料といえど)パイピングに施工するため直接的な効果は出にくのではないかと思います。

また今回施工したのが1つだけというのも問題かも知れません。

他の燃費グッズの干渉を避けるために、一度ピークリップのみの施工で試走しましたが、なにも施工していない状態よりは若干だるさが緩和されているか?程度でしたので、これ1つだけだと力不足でしょう。

いずれにしてもトータルバランスを考えると施工したほうが良いのでしょうが、優先度的には燃焼系の後でも良いかと思われます。

燃費については実質変化なしと書きましたが、これは冬場の寒さによるパワーダウンが顕著(軽自動車なので)でありあまり正確なデータは採れていない事によるものが大きいです。

が、少なくとも寒さによるパワーダウン、ひいては燃費ダウンを回避するのはこれ単体ですと厳しいでしょう。

他の燃費グッズをすべて施工した状態でも、夏場の平均20.5km/Lから19.9km/Lへとダウン(もっとも燃費グッズ施工前は夏場でも19.4km/Lでしたが)しているので、あくまでフィーリング向上を目的にされるのが良いのではないでしょうか。

posted by スーパーてつ at 06:00 | ■ 燃費向上 - その他